【Excel】エクセル セル参照作成・変更の仕方 ( 相対参照 ・ 絶対参照 ・ 混合基準)を理解し関数を活用せよ

セル参照

相対参照 | 絶対参照 | 混合基準

Excelでのセル参照は非常に重要です。相対的、絶対的、および混合的な参照の違いを理解し、成功への道を切り開いています。

相対参照

既定では、Excelは相対参照を使用します。以下のセルD2の数式を参照してください。セルD2は、セルB2とセルC2を参照します(指す)。両方の参照は相対的です。

相対参照の例

1.セルD2を選択し、セルD2の右下隅をクリックし、セルD5にドラッグします。

Excelでの相対参照

セルD3はセルB3とセルC3を参照します。セルD4はセルB4とセルC4を参照します。セルD5はセルB5とセルC5を参照します。言い換えれば、各セルは、左側の2つの隣接セルを参照します。

絶対参照

下記のセルE3の式を参照してください。

1. セルH3への絶対参照を作成するには、セルE3の数式に列記号と行番号($ H $ 3)の前に$記号を置きます。

絶対参照の例

2.今すぐこの数式を他のセルにドラッグできます。

Excelでの絶対参照

セルH3への参照は固定されています(数式を下方向にドラッグすると)。その結果、正しい長さと幅(インチ単位)が計算されます。

混合基準

場合によっては、相対参照と絶対参照の組み合わせ(混合参照)が必要な場合もあります。

1.下記のF2の式を参照してください。

混合参照例

2.この式を他のセルに素早くコピーしたい。セルF2を1つのセルにドラッグし、セルG2の数式を確認します。

混合参照例

何が起こるか見ていますか?価格の参照はB列への固定参照でなければなりません。解決策:セルF2の数式に列記号($ B2)の前に$記号を置きます。同様に、セルF2をドラッグすると、リダクションへの参照は行6の固定参照になります。解決策:セルF2の数式に行番号(B $ 6)の前に$記号を置きます。

結果:

混合参照例

注:行番号$ B2の前に$記号を置かないでください(この方法で、数式を下にドラッグすると参照が$ B2(ジーンズ)から$ B3(シャツ)に変わります)。同様の方法で、B $ 6のコラムの手前に$記号を置くこともありません(このようにして、B $ 6(1月)からC $ 6(2月)とD $ 6数式を横切ってドラッグします)。

3.今度は、この数式をすぐに他のセルにドラッグできます。

Excelでの混合参照

列Bおよび行6への参照は固定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です