各プラットフォームでGIFを編集する方法は?? Windows・MAC・ブラウザ・Android・IOSで使用できる画像編集ソフト

 

率直に言って、GIFはキャプチャするのは簡単ですが、編集するのは難しいです。

After EffectsやPhotoshopなどの有料ソフトウェアを
使用することをお勧めしますが、それは誰にとっても選択肢ではありません。

したがって、気を散らすことなく、編集できるシンプルで簡単で効果的なソフトウェアをいくつか紹介します。

 

 

 

GIFとは??

 

 

画像のファイル形式のひとつ。拡張子も「gif」。

ウェブページで標準的に使える画像ファイル形式で、
ボタンやアイコンなどの小さな画像に適しています。

また、パラパラアニメのように少しずつ違った絵を連続して表示することで動きを表現する「GIFアニメ」という画像も作れます。

GIF動画とは画像をコマ割りして連続再生した
「動く静止画像」なので、どこでも気軽に貼れるのがウリです。

パラパラ漫画みたいな要領で静止画をつなぎ合わせれば、アニメや動画に編集できるので誰でも簡単に作れる点もGIF動画の魅力の一つです。

 

 

各プラットフォームでおすすめのGIF編集

 

 

GIFを編集する方法–ブラウザ 

 

EZGIFは、スタンドアロンソフトウェアを使用せずに
GIFを編集できるオンラインエディターです。

そのため、PCにソフトウェアをインストールするという面倒な作業から解放されます。

 

【魅力】

1つ目はシンプルなUI

2つ目はいろいろなオプションがある点

 

基本的なツールセットがすべて揃っており、考えられるほとんどすべてのことを実行できます。

 

Webページを開くと、Video to GIF、Resizer、Optimizer、Gif Makerなどの
オプションが表示されますが、ツールボックスからオプションを選択することもできます。

サイズを変更する場合は、ツールボックスからすぐに選択できます。

 

 

 

Gif Makerは複数の写真を組み合わせて、すぐにGIFを提供します。

「フレームレート」と「速度」を設定できます。それに加えて、「クロスフェード」を追加して、移行スタイルを微調整することもできます。

ビデオ(最大100 Mb)から簡単にGIFを作成し、それに応じてサイズ変更と切り抜きを使用して調整することもできます。

 

 

最適化ツールを使用するといくつかの方法を使用し GIF圧縮できます。

 

 

カラーリダクションは、各フレームの色を減らしてファイルサイズを減らします。

フレームを削除すると、重複するフレームをドロップでき、2、3、4番目のフレームごとにドロップするオプションも提供されます。

 

 

 

 

エフェクトにはたくさんのオプションがあり、プリセット、セピア、モノクロの多くを選択できます。ぼかし、シャープ彩度、明度、色相を変更できます。枠線オプションを使用すると、境界線を塗りつぶしたり丸くしたりできます

EZGIF

 

テキストの追加、フレームの分割、オーバーレイなど、他にも
多くの機能がありますが、これまでこれらの使用法はほとんど見つかりませんでした。

 

EZGIFの唯一の注意点は、エクスポート中です。

ファイルサイズが大きくなり、一部のユーザーにとっては問題になる可能性があります。

 

 

 

 

 

GIFを編集する方法– Windows

 

 

Windowsでは【ScreenToGif】がおすすめ!

ウィンドウにGIFを直接ドラッグアンドドロップすると、
GIFをフレームで開くため、ほんのわずかな詳細でも簡単に変更できます。

フレームまたは複数のフレームを一緒に削除するなどの一般的な機能が満載です

 

重複/削除フレームカウントの削除

すべてのフレームをピクセル単位で調査し、隣接するフレームと90%一致する場合はフレームを削除します。

 

前/次をすべて削除

削除するフレームを手動で選択したくない場合に便利です。フレームを選択し、選択したフレームの前後のすべてのフレームを削除するこれらのいずれかを選択できます。

 

リバース/ヨーヨー

リバースはアニメーションを最後から最初のフレームに移動させますが、ヨーヨー はアニメーションを前後に移動させます。

 

【遅  オーバーライド、増加、減少、スケール

フレームが次のフレームに移動するまでの再生時間を変更できます。最小割り当てることができる値である10ミリ秒の最大値であるのに対し、25,500ミリ秒。また、GIFの位置を示すテキスト、境界線、さらにはバーを追加できる複雑な書式設定オプションも利用できます。

 

欠点は一部のユーザーは、速度が少し遅いため、処理とエクスポートに問題がある場合があります。

 

↑詳しい使い方はこちら!

 

 

 

 

GIFを編集する方法– Android

 

Androidには多くの選択肢がありますが、機能的でシンプルなものを見つけました。

 

GIF Shopは、強力なエディターも備えた機能満載のアプリ。

上記で説明したすべての機能を備えています。つまり、速度の調整、クリップのトリミング、フレームの表示と削除を行うことができます。また、明るさ、コントラスト、彩度、およびその他のクリッププロパティを変更できる[ 調整 ]オプションもあります。

 

 

あり、プリクロップフレームは、またはカスタム、それを切り抜くことができますあなたにもできることに加えて、垂直または水平に反転します。逆関数は、逆方向から順方向に進むという同じ仕事をします。より多くのオプションを探している人のために、ステッカーを追加してその期間を確認できます。ミーム機能もあり、上下にテキストを追加して、古典的なミームの雰囲気を出すことができます。

 

 

欠点は一部のウィンドウの下部に広告がポップアップします。

広告を削除して元に戻す/やり直し機能を有効にするには、プレミアムにアップグレードする必要があります。

 

 

GIFを編集する方法– iOS

 

IOSで利用するなら【GIF Maker】がおすすめ

シンプルイズベストで単にGIFを開いて、赤いバーをドラッグしてトリムできます。

 

 

 

微調整可能な再生速度モニターもあります。念のためテキストを追加することもでき、絵文字もサポートされています。切り抜きと方向もここにある機能であり、ここで説明したすべてのアプリに共通しています。この特定のアプリのユニークな機能の1つは、音楽追加できることです。携帯電話から任意のトラックを選択して、ここに追加するだけです。

欠点: 広告を無効にするにはPROにアップグレードする必要があります。

 

 

 

 

 

GIFを編集する方法– Mac

 

MACで利用するなら有名な【GIF Brewery 3】GIF編集を使用しましょう

 

UIはシンプルで、すべての主要なコントロールが下部にあります。

GIFをトリミングしてサイズを変更できます。フレームレートを設定し、遅延を手動で調整することもできます。

 

 

 

転送やノワールなどの色補正と効果を適用して、感触を高めることができます。

 

また、複数のキャプションを有効にして感動し、オーバーレイもサポートします。左上には、背景を選択するためのカラーパレットに加えて、キャンバスの高さと幅を選択するオプションがあります。GIFが通常、逆、または回文に長い場合、ループの種類を選択することもできます。

 

全体として、お気に入りのGIFを編集するのに最適なアプリです。

 

 

有料の画像編集ソフトの利点は??

 

やはり有料の画像編集ソフトは豊富な機能性を持っており、
画像の編集なら何でもできる!というくらい優秀です。

長期的に画像を編集することを考えているなら、有料の画像編集ソフトになれていた方がいいかもしれません。

物によってはモバイル機器とも自動同期してくれるものもあり
写真の撮影に失敗してしまったときでも、キレイな状態の画像にする機能など豊富な機能を使いこなしたいなら有料がおすすめ
 

Adobe Photoshop Elements

 

 

 

  • 撮影するどんな瞬間でも、素晴らしい写真に仕上げることができる写真加工・編集ソフト
  • 写真の整理から編集・作成・共有まですべてがこれ1本で。スナップ写真を美しく仕上げ、思い出に残る記念品をかんたんに作成
  • それぞれのレベルに応じて使い分けのできるよう「選べる3つの編集モード」を搭載
  • ホーム画面が充実し、やりたい作業がすぐに見つかる。驚くようなエフェクトや高度な編集も78種類のガイドがサポート
  • アドビのAI技術「Adobe Sensei」を使えば自動で簡単に写真集を制作でき、追加でお好みのオリジナリティを加えることも
  • 困ったときは、アドビサポートサイトで対応。電話やチャット・フォーラムによるサポートも充実

 

 

Adobe Creative Cloud コンプリート

 

 

After Effects

 

 

  • アドビのコンプリートプランは、アドビソフト・アプリが20種類以上利用可能
  • イラストレーターやフォトショップ、PDF(Acrobat)など複数のソフトを利用する方におすすめ
  • 【Adobe Creative Cloud(CC)とは】アドビが提供する定額制商品・サービスのこと
  • 【CCポイント1】PCとモバイルのデータ共有ができ、外出先でも作業可能に
  • 【CCポイント2】アップデートが無料に。新機能をいつでも利用できるように
  • 【CCポイント3】年額版(定額制)となり、購入時の初期費用を抑えられるように
  • 【CCポイント4】12/24/36か月の利用期間を選択でき、状況に合わせて無駄なく利用できるように
  • 【CCポイント5】本商品はMac/Windowsの両方に対応、さらに1製品で2台まで利用OK

 

 

 

まとめ

今回は最も単純で非常に効率的なGIF編集ソフトウェアの一部を紹介しました。

これらのアプリは細かい編集はできませんが手軽にわかりやすく初心者でも使いやすいのが魅力です。

 

ただ有料ソフトの方が編集の幅やインポートのスピードなど
普段から頻繁に使うなら優れていますので場合によっては購入することをお勧めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です