ScreenToGif – Windows用の最高のGIF(ジフ)エディター 画面操作などをGIFで録画し編集できる便利アプリ

 

 

チュートリアル記事のためにGIFを作成して編集しなければなりません。

そして、ScreenToGifは私のgoto Windowsアプリです。画面のコンテンツを記録してGIF形式で保存できるだけでなく、Photoshopで行うように、既存のGIF画像をフレームごとに編集することもできます。

このアプリは使いやすいですが、初めてのユーザーにとって少し気が遠くなるような機能がたくさんあります。

ここでは、Screen to Gifを効果的に使用する方法について順を追って説明します。

 

 

 

GIFとは??

 

 

画像のファイル形式のひとつ。拡張子も「gif」。

ウェブページで標準的に使える画像ファイル形式で、
ボタンやアイコンなどの小さな画像に適しています。

また、パラパラアニメのように少しずつ違った絵を連続して表示することで動きを表現する「GIFアニメ」という画像も作れます。

GIF動画とは画像をコマ割りして連続再生した
「動く静止画像」なので、どこでも気軽に貼れるのがウリです。

パラパラ漫画みたいな要領で静止画をつなぎ合わせれば、アニメや動画に編集できるので誰でも簡単に作れる点もGIF動画の魅力の一つです。

 

 

ScreenToGifがなぜおすすめなのか??

 

メジャーなGIF作成ツール(PC)

  • GIPHY(Mac用)
  • ShareX(Windows用)
  • ScreenToGIF(Windows用)
  • LICEcap(Windows & Mac用)
  • recordit.co(Windows & Mac用)

 

この中でも使いやすくてオススメしたいGIF作成ツールは、Windows用なら「ScreenToGif」、 Mac用なら「GIPHY」です。

日本人が使うのであれば最初から日本語対応している「ScreenToGif」が断然おすすめ

Windowsユーザーには使いやすい様に設計で、十分な機能を持っています。

 

 

↑Windows以外のOSでおすすめの編集ソフトは??

 

 

 

ScreenToGifのインストール方法

 

①開始するには、この公式WebサイトからScreenToGifをダウンロードしてください。

 

②ダウンロードが終わったらそのままインストールを開始、「Next」をクリック。

 

 

 

③インストール先を指定することができ デスクトップとスタートメニューにショットカットを作成するか選択

 

 

④問題なければ「Next」を選択。

 

⑤無事にインストールが終われば、ScreenToGifのセットアップは完了。

 

⑥セットアップを終えるには「Finish」を選択します。

 

 

 

 

機能の紹介

アプリを初めて開くと、4つの簡単なオプションが表示されます。

レコーダー、ウェブカメラ、ボード、エディター。それらを一つ一つチェックしてみましょう。

 

 

 

 

①レコーダー

開くとすぐに、録画するオプションが表示されます。

クリックすると、右下隅に設定のあるダイアログボックスが表示されます。

これがユニークなのは、キャプチャするウィンドウの解像度を手動でパンチできる機能です。

または、画面記録アプリケーションで行うように、単にウィンドウを斜めにドラッグすることもできます

 

 

 

多くの場合、記録中に停止または記録コントロールの上にマウスを移動するとマウスがキャプチャされる傾向がありますが、ここではF7を押すと記録を開始し、F8を押すと停止できます。また、キャプチャするフレームの数を1〜60の範囲で確認することもできます。

また、ウィンドウのサイズに自動的にスナップするクリックアンドドラッグオプションもあります。

 

 

 

②ウェブカメラレコーダー

率直に言って、ウェブカメラを使用していません。

電話でSkypeを使用しており、ビデオ通話のほとんども
スマートフォンを使用して行われています。

 

 

③ボード

ソフトウェアには非常に多くのアドオンがありますが、非常に便利です。

 

そのうちの1つがBoardです。アイデアをすばやく書いたり、単に描いてキャプチャしたりすることを想像してください。ボードはそれを可能にするだけでなく、カラーパレットから選択し、ストロークの高さと幅を調整し、蛍光ペンとして使用するオプションも提供します。

 

 

 

多くの場合、キャプチャ時に微妙な間違いも記録されますが、この場合はキーストロークに制限できます。そのため、キーストロークを検出しない限り記録されません。また、レコーダーと同じ解像度調整があり、エディターでさらに処理できます。

 

 

 

④エディター

 

基本的にはPaintのライトバージョンです。GIF記録を編集し、ツールバーのオプションを使用できます。

GIFへの画面

 

 

多くの場合、GIFをアップロードする際、解像度を無視する傾向があり、その結果、ファイルサイズが大きくなり、フレームが不均衡になります。ではリサイズ簡単に(はい、あなたはアスペクト比を維持することができます)カスタムの高さと幅を選択することで、画像のサイズを変更することができます。

 

 

GIFへの画面

 

 

そのため、異なるアスペクト比で録音した場合でも、心配する必要はありません。単一のフレームのサイズを変更することはできませんが、この機能は個人的に非常に役立ちます。

GIFへの画面

ある作物とローテート機能あなたは、フレームの特定の部分をトリミングすることができますだけでなく、あなたがそれを行う際に、再び、それはすべてのフレームに反映されます。また、フレームを反転し縦横に回転させるオプションもあります。 

長いGIFにはキャプション機能を使用しました。これは非常に基本的なツールであり、すべてに適用される他の機能とは異なり、個々のフレームにキャプションを追加できます。

GIFへの画面

フォントのカスタマイズ、スタイルの追加、サイズの選択、テキストのアウトラインの変更ができます。他のテキストオプションには、フレーム内の任意の場所にドラッグして配置できるフリーフローティングテキストが含まれます。

タイトルツールは、Screen to Gifに固有のもう1つの拡張機能です。すべてのテキスト設定でタイトルフレームを追加できます。また、背景色を変更して明確にすることができます。

GIFへの画面

 

複数のタイトルフレームを追加する可能性がありますが、タイムライン全体を使用して再生した場合、1つのタイトルフレームしか再生できず、他のフレームは固定できました。

 

PhotoshopまたはWordPressでスクリーンショットに境界線を追加することがよくありますが、Screen to Gifでは境界線を追加できるだけでなく、すべての境界線の太さを個別に決定できます。

GIFへの画面

そこで、すべてのフレームに適用される境界線を使用してGIFを展開し、それらを個別に適用して、正の数を設定するオプションがあります。

難読化項目には、私はネイティブに私が表示したくないフレームの特定の部分をぼかすことができます。必要なのは、ピクセルサイズを選択して適用することだけです。まだ使っていませんが、きっと使うでしょう。透かし を追加して、カスタム画像をアップロードすることもできます。

GIFへの画面

説明ビデオを作成していて、録画中に使用するキーを表示するとします。キーストロークを使用すると、まさにそれを行うことができます。画面の下部に強調表示されたテキストが追加され、押したすべてのキーが表示されます。フレームに描画して図形を追加し、さらにスタイルと色を変更することもできます。

これは基本的に、言及する価値があると思うすべての主要な機能のまとめです。画像、ビデオ、プロジェクトをドラッグアンドドロップして、開いたり編集したりできます。フレーム間にトランジションを簡単に追加することもできます。無料で、どこでも使用できるポータブル版をダウンロードできます

 

 

まとめ

ScreencastifyのようなGIFレコーダーには、かなり使いやすいオプションがありますが、無料版では5つのGIFのみをエクスポートできます。一方、ScreenToGIFを使用すると、簡単に何度でもそれを実行できます。また、Screencastifyにはない非常によく開発されたエディターもあります。

ScreenToGif以外では、画面の記録やGIFの作成に他のものを使用することはできません。

あるソフトウェアが私を機能させ、面倒なことなく物事を実行させてくれるなら、すべての機能に勝る完全に明確な何かが出てくるまで、移行するポイントがわかりません。その場合、私はあなたを受け入れて共有する最初の人になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です