【Excel】エクセル 応用編 散布図グラフの作り方!直線やマーカーなどを使用して、データの分布把握

 

「エクセルで散布図を作りたいんだけど作り方が分からない」
「散布図の見た目をもっと良くしたい」

ここにたどり着いたということは、あなたは散布図を作る必要がある方ではないでしょうか?

散布図は、データの結果を分かりやすく説明するためにとても便利なグラフの形です。
棒グラフや折れ線グラフと違って、作る機会は決して多くはありません。

散布図XYチャート)を使用して、科学的なXYデータを表示します。

散布図は、変数XとYの間に関係があるかどうかを調べるためによく使用されます。

 

 

 

散布図とは?

 

散布図とは、2種類のデータの関係を表すグラフです。

要するに2つの数を、大きさによって一つのグラフの中に散りばめたものです

 

後で例として作るこのグラフは、各都道府県ごとの県内総生産額を、人口の値によって散りばめています。

「だいたい人口と生産額は比例しているな」

「人口が400万人以上になると、結構バラつきがあるな」

「一つだけ、特異な値があるな」

 

他のグラフとの違い

 

グラフは、目的にあった使い方をすることが大事です。

散布図の特徴を、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフと比較してみました。

目的 第1軸 第2軸
散布図 ・複数の値の相関関係を知る・データのバラつきを見る 数値 数値
棒グラフ ・項目ごとの量の大きさを比較する 項目 数値
折れ線グラフ ・時系列での値の推移を比較する 日付時間 数値
円グラフ 全体の中での割合を表す 比率

 

 

 

直線

散布図を作成するには、次の手順を実行します。

1.範囲A1:D22を選択します。

散布図データを選択

2. [挿入]タブの[グラフ]グループで、散布図記号をクリックします。

散布図を挿入

3. [直線で散布]をクリックします。

直線の散布図をクリックします

注:サブタイプのスムーターライン付き散布図も参照してください。

結果:

Excelの直線を使用した散布図

注:水平と垂直軸のタイトルを追加しました。散布図の水平軸は値軸なので、より多くの軸スケーリングオプションがあります(常に値軸である垂直軸と同じです)。

マーカーのみ

X(人の給与)とY(車の価格)の間に関係があるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

1.範囲A1:B10を選択します。

散布図データを選択

2. [挿入]タブの[グラフ]グループで、散布図記号をクリックします。

散布図を挿入

3. [散布]をクリックします。

散布をクリックします

結果:

Excelのマーカーのみの散布図

注:これら2つの変数間の関係を明確に見るために、トレンドラインを追加しました。

 

 

まとめ

今回は散布図の作り方を紹介しました

棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフと比べると、少しなじみのないグラフですが、全体の中でのデータの分布を見たり、数値ごとの関係を考えたりする場合に便利です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です