「Google 翻訳」よりも高性能な翻訳ソフト「Mouse Dictionary」 マウスオーバーで瞬時に和訳!!

 

 

 

 

今回は、Google Chrome・Firefoxで使用できる英語辞書ツール「Mouse Dictionary」の紹介と使い方を説明していきます。

 

Chromeに英和辞書機能を追加するChrome拡張「Mouse Dictionary」がとても便利です。マウスカーソルを英単語に合わせるだけで、瞬時に訳語を表示してくれます。Google Chromeの拡張機能「Google 翻訳」でも翻訳は可能でこちらを使用する前は利用していましたがやはり、長文が翻訳できなかったり単語間にアンダーバーなどがあると翻訳機能が上手く動作せず、翻訳が行かずに困っていました。

 

それも本ツールであればそれらを解消してくれる上に、複数単語から成る熟語やイディオムの意味も自動的に表示され、辞書データをローカルに持つので高速動作してくれます。必要であれば好きな辞書データもインポートできるのでかなり便利です。製作者曰く、辞書データはBoothで販売されている「英辞郎」を推奨しています。

 

ただマウスオーバーのみの動作に、小窓が少々邪魔だったりPDFファイルには対応していません。ただし、GoogleドキュメントでPDFファイルを開けば一応機能するみたいです。

 

 

 

「Mouse Dictionary」の使い方・使用法

 

普段はGoogle Chromeしか使用していないので、ここで紹介するのはGoogle Chromeでの使用方法のみになります。

 

Google ChromeまたはFirefoxから本ツールをインストール。

 

・インストールできたら右上アイコンを右クリックから「オプション」を選択。設定画面を開きます。

・フリー辞書のデータを自動登録するか表示されるので「OK」を選択。「登録完了」と表示されれば使用可能に。

デフォルトで使用している辞書データは「ejdic-hand」と言うパブリックドメインの英和辞書データを利用しているそう。

 

・後は翻訳して見たいページを開き、右上の本ツールアイコンをクリック、英単語をマウスオーバーするだけで動作します。

 

・もし「英辞郎」を利用する際は、先ほどと同じように右上アイコンから「オプション」を選択。「Shift-JIS」及び「英辞郎テキストデータ」を選択し、購入した辞書データファイルを選択して「LOAD」を押せば時間は掛かるものの、大量の熟語などが適応され更に便利になると思います。

作者のTetsuさんはフリーゲームの開発を手がけており、英語の技術文書を読むために自らこのChrome拡張を開発したそうです。EDPの辞書データ「英辞郎」をChrome上で使うのも目的の1つで、辞書データに英辞郎など他の辞書のテキストデータを取り込み、対応する単語や熟語を追加する機能も備えています。

こちらは無料でも十分に使用できるのは勿論、辞書データを運用することで更に高性能にカスタマイズできるなど自分の使用用途に合わせた拡張機能が魅力です!!テキストデータを取り込み、対応する単語や熟語を追加することで通常の翻訳であればおかしい訳も改善されますので一度使用してみてはいかがでしょう!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です