【Excel】エクセル 応用編 OFFSET関数関数の使い方。セル範囲を可変やセル範囲を返す方法

 

 

OFFSET関数Excelのセルまたはセルの範囲から行と列の指定された数であるセルまたはセルの範囲を返します。

 

 

OFFSET関数で範囲を指定する

OFFSET関数で範囲を指定するというのは、実際にはどんなことなのでしょうか?
ほとんどのケースではOFFSET関数は他の関数と組み合わせて使用します。
他の関数とは、「範囲」をもとに値を求める関数です。
範囲を指定する関数はとても多く、単純なものであればSUM関数も範囲を指定しますし、行列関数のVLOOKUP関数や、高度なものであればデータベース関数のDSUM関数なども範囲を指定します。
これらの関数は全てOFFSET関数と組み合わせて応用した数式を組み立てることができます。

 

構文

OFFSET(基準行数列数)
基準のセルまたはセルの範囲から指定した行数列数を移動した先のセル参照を取得します。

OFFSET(基準行数列数高さ)
移動先のセルの範囲の行数を高さで、列数をで指定できます。

引数「基準」 基準となるセルやセルの範囲を指定します。
引数「行数」 引数「基準」のセルを上下方向へ移動する数を指定します。
正の値は下方向へ
負の値は上方向へ
引数「列数」 引数「基準」のセルを左右方向へ移動する数を指定します。
正の値は右方向へ
負の値は左方向へ
引数「高さ」 省略できます。省略するとセルの範囲はそのままです。
移動後のセルの範囲の行数を指定します
引数「幅」 省略できます。省略するとセルの範囲はそのままです。
移動後のセルの範囲の列数を指定します

 

OFFSET関数の書式

 

1.以下のOFFSET関数は、セルA2の3行下、2列右のセルを返します。OFFSET関数は、高さと幅の両方が1に設定されているため、セルを返します。

オフセットセルの例

結果:

セルのオフセット結果

2.以下のOFFSET関数は、セルA2の8行下と1列右にある1 x 2の範囲を返します。SUM関数は、この範囲の合計を計算します。

オフセット範囲の例

結果:

オフセット範囲の結果

注:(合計を計算せずに)範囲を返すには、OFFSET関数を挿入する前に同じサイズの範囲を選択します。指定した数の行または左の列であるセルまたはセル範囲を返す場合は、負の数を入力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です