【Excel】Excelファイルをパスワードで暗号化保護する方法・やり方 大事なファイルのセキュリティ強化

 

Excelでテンプレートシートを作り、予算申請などを各部署に依頼することがよくある。

でも、各担当者がシートを編集する際、誤って変更されては困る情報もある。

そこで、データ入力を依頼したいセルだけを編集可能にし、他のセルは保護する、という方法を説明する。

 

 

保護する方法

Excelファイルをパスワードで暗号化して、パスワードを開く必要があります

1.ブックを開きます。

2.ファイルタブで、名前を付けて保存をクリックします。

3. [参照]をクリックします。

ブラウズをクリックします

4. [ツール]ボタンをクリックし、[一般オプション]をクリックします。

ツール、一般オプション

5. [開くパスワード]ボックスにパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

パスワードを入力します

6.パスワードを再入力し、[OK]をクリックします。

パスワードの再入力

注:この機能はExcelファイルも暗号化します。パスワードを紛失または忘れた場合、パスワードを回復することはできません。

7.ファイル名を入力し、[保存]をクリックします。

保存をクリックします。

このExcelファイルを開くにはパスワードが必要です。ダウンロード可能なExcelファイルのパスワードは「簡単」です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です