【Excel】エクセル 応用編 Excelで予実管理・予実比較作成法

この例では、Excelで予算を作成する方法を示します。

 

 

 

 

1.列Aに異なるタイプの収入と支出を入力します。

収入と支出

注:[ホーム]タブの[フォント]グループで、さまざまなコマンドを使用して、テキストのフォントサイズとフォントスタイルを変更できます。列Aヘッダーの右側の境界線をクリックして、列幅を広げます。

2.セルJanをセルB2に入力します。次に、セルB2を選択し、セルの右下隅をクリックして、セルM2までドラッグします。Excelは他の月を自動的に追加します。

ヶ月

3.データを入力します。

4.セルB6にSUM関数を入力します。これを実現するには、セルB6を選択し、等号(=)を入力し、SUM()を入力し、範囲B4:B5を選択して、「)」で閉じ、Enterキーを押します。

データを入力してください

注:[ホーム]タブの[フォント]グループで、上部の境界線を追加できます。

5.セルB6を選択し、セルの右下隅をクリックして、セルM6にドラッグします。Excelは、関数と境界線を他のセルにコピーします。

コピー機能

6.セルO4にSUM関数を入力します。セルO4を選択​​し、= SUM(と入力し、範囲B4:M4を選択し、「)」で閉じてEnterキーを押します。

7.セルO4をセルO6にドラッグします。

年列

8.費用について手順4〜7を繰り返します。

9.ショート/エクストラ行を追加します。

Excelの予算

説明:0より低いセルと0より大きいセルを強調表示する2つの条件付き書式ルールを作成しました。このトピックの詳細については、リンクをクリックしてください。現時点では、これは一歩ではありませんが、Excelが提供する他の多くの強力な機能の1つを示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です