【Excel】エクセル 応用編 COUNTIF関数でExcelで重複データ列内の一意の数値または数値を数える

 

 

この例では、一意の値カウントする配列数式を作成する方法を示します。

 

 

1. COUNTIF関数を使用します。たとえば、5の数を数えるには、次の関数を使用します。

カウンティフ関数

2.一意の値を数えるために(圧倒されることはありません)、SUM関数1 /を追加し、5をA1:A6に置き換えます。

配列式

3. CTRL + SHIFT + ENTERを押して終了します。

Excelで一意の値をカウントする

注:式バーは、中括弧{}で囲むことにより、これが配列式であることを示しています。これらを自分で入力しないでください。数式を編集すると消えます。

説明:COUNTIF関数によって作成された範囲(配列定数)は、範囲ではなくExcelのメモリに保存されます。配列定数は次のようになります。

{3; 1; 1; 1; 3; 3}-(3つの7、1つの太陽、1つの月、1つの5、3つの7、3つの7)

これは、
{1/3; 1/1; 1/1; 1/1; 1/3; 1/3}に減少します。

この配列定数は、SUM関数の引数として使用され、結果は1/3 + 1 + 1 + 1 + 1/3 + 1/3 = 4になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です