なりすまし・迷惑メール添付ファイルやURLリンクのパソコンのウィルス影響!解決策と対策法


 自分のパソコンがウイルス感染してウイルスメールをばらまいたとしても、通常はそのことを誰も教えてくれません。定期的にパソコンのウイルスチェックをしてください。

ウイルスは、人間に知られている最も古い寄生虫の一部です。それらはおそらく最初の細胞が惑星に住み始めた間に進化した。コンピューターの発明により、機知に富んだプログラマーは生物学的ウイルスの特性をコピーし、それらを小さなコンピュータープログラムに変換しました。

ウイルスの唯一の目的は、自分自身を複製して拡散することです。ホストシステムの損傷は潜在的な結果です。ウイルスがコンピュータに侵入する最も一般的な方法は、電子メール経由です。では、人々はどのようにして電子メールウイルスに感染するのでしょうか?


誰もがウイルスがコンピュータに侵入し、準備する方法を知っているべきではありませんか?この記事では、人々が電子メールウイルスに感染する上位3つの方法を探り、そのようなウイルス感染を回避する方法を指摘します。

 

 

 

実際電子メールのウィルスはどんなものが??

 

電子メールのデマとしてのウイルス

はじめに述べたように、ウイルスは通常プログラムです。一部のウイルスは、あなたの素朴さだけを推測しています。チェーンレター、ウィルス警告、または子供が臓器提供を必要とするなどのメールを転送したことがありますか?

 

それはしてはいけません!デマを、メールが広がっているのを手伝っているだけです笑

 

この場合、ウイルスはメールそのものですが、実際には感染ではありません。ただし、被害は他のウイルスと同じです。つまり、受信トレイとメールサーバーの目詰まりです。通常、電子メールウイルスは時間、リソース、エネルギーの浪費を引き起こします。

メールウイルス保護

次回デマメールの可能性があるメールを受け取った場合は、本物であることが確実でない限り転送しないでください。

 

 

 

メール添付ファイル内のウイルス

電子メールを転送しても大きな損害はありませんが、「本物の」コンピューターウイルス、つまり自己複製プログラムへの感染は、はるかに重要です。連絡先に転送するだけの「無害な」亜種があります。ただし、たとえば、システム上の特定のファイルを破壊するようにウイルスをプログラムすることもできます。

ほとんどのウイルスは、電子メールの添付ファイルを介して配信されます。ウイルスを含む添付ファイルは、実行可能プログラム(ファイルタイプ:.com、.exe、.vbs、.zip、.scr、.dll、.pif、.js)またはマクロウイルス(ファイルタイプ:.doc、.dot 、. xls、.xlt)。それらを回避する最も安全な方法は、電子メールの添付ファイルを開かないことです。

ワードパッドやOpen Officeなどのマクロをサポートしない代替プログラムでWord文書を安全に開くことができることに注意してください。いくつかのウイルスは、それらの2つを追加することにより、本当のファイル拡張子を隠そうとします。それがILOVEYOUウイルスがしたことです。その名前は「LOVE-LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs」でした。

電子メールウイルスに感染する

幸いなことに、電子メールをダウンロードして読んでも害はありません。添付ファイルが開かれていない限り、ウイルスはhatch化しません。送信者がわからない場合、およびメールのテキストが疑わしい場合は、添付ファイルとともにメールを削除してください。

ただし、連絡先のいずれかがウイルスに感染している場合、詐欺を見つけるのは簡単ではありません。各メールを注意深く確認し、安全に再生してください。多くのWebメールサービスは、電子メールの添付ファイルでウイルスをスキャンできます。ThunderbirdOutlookなどのデスクトップメールプログラムを使用しており、電子メールの添付ファイルをスキャンできるウイルススキャナーがない場合は、添付ファイルをハードドライブに保存(開いてはいけません!)して、ウイルススキャナーがアクセスできるようにします。スキャンする前に添付ファイルを開かないでください。

 

電子メール本文のウイルス

最後になりますが、悪意のあるコンテンツは電子メールの本文で見つけることができます。現在、HTMLは写真やリンクを埋め込むために使用されるため、電子メールの一般的な要素です。ただし、HTMLを使用して、自動的に実行されるスクリプトを埋め込み、その後コンピューターをウイルスに感染させることもできます。そのため、多くのメールプログラムはデフォルトでHTMLをブロックし、ボタンをクリックして信頼できるソースのコンテンツを表示します。オフにしないでください。

また、URLは変装したウイルスになる可能性があります。無害なリンクが表示され、悪意のあるスクリプトを実行するWebサイトにアクセスするか、自己実行型ウイルスを自動的にダウンロードするまったく異なるURLにリンクする場合があります。

電子メールウイルスに感染する

まとめると、添付ファイルと同じルールが適用されます。疑わしいソースからのリンクを表示したりアクセスしたりしないでください。

 

解決策

 

すべてのメールをウイルスチェック

 メールの差出人を見て、ウイルスを持ったメールかどうかを判断することはできません。携帯電話のアドレスや、信頼できる大企業のアドレスをかたってウイルスメールが送られてくる可能性があるからです。つまり、すべてのメールにウイルスチェックが必要なのです。

 

ウイルスメールには返信しない

ウイルスメールが届いても、決して返信しないでください。書かれているアドレスが、必ずしもウイルス感染者のものとは限りません。返信してもまったく関係のない第三者に送られるか、エラーとなってムダな通信を増やすだけです。

 

定期的にパソコンのウイルス検索を

自分のパソコンがウイルス感染してウイルスメールをばらまいたとしても、通常はそのことを誰も教えてくれません。定期的にパソコンのウイルスチェックをしてください。

  • メールクライアント、Webブラウザ、およびオペレーティングシステムを最新の状態に保ち、パッチを適用します。
  • ウイルス対策ソフトウェアを使用します。
  • 未知の送信者からの電子メールメッセージに含まれているPDFファイルなどの潜在的に危険な添付ファイルを開かないでください。
  • マルウェアのすべての添付ファイルをスキャンします。
  • 電子メールメッセージ内のリンクをクリックしないでください。また、正当なソースからのものと思われるフィッシングメールメッセージに注意してください。
  • 電子メールの添付ファイルとして含まれている実行可能ファイルを開かないでください。攻撃者は、image.gif.exeなどの2つの拡張子を付けてこれらのファイルを偽装しようとする場合がありますが、.exeは自動的に実行される実行可能ファイルの兆候です。

 

 

 

URL・メールを開けてしまった場合

 

添付ファイルを開いた後に「あやしい」と思った場合は、有線LANならば線を外して、Wi-Fi環境ならばWi-Fiをオフにして、まずはパソコンをネットワークから外しましょう。また、速やかにパソコンにインストールされたセキュリティソフトでスキャンを実行して、ウイルス感染の有無を確かめましょう。ウイルスの感染が確認された場合は、スキャンの結果表示された内容に従って必要な対処を行います。そもそもあやしいファイルを開いたタイミングで検知され、自動的に駆除されていれば、対処は必要ありません。

ウイルスバスターでスキャンを実行する方法|ウイルスバスター ヘルプとサポート:
https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1098357.aspx

スキャンで発見されたウイルスの情報をもとに対処方法を調べることもできます。セキュリティ会社がインターネット上に公開している脅威データベースに発見されたウイルス名を入力することでウイルスの詳細や対処法が確認できます。

トレンドマイクロ脅威データベース:
https://www.trendmicro.com/vinfo/jp/threat-encyclopedia/

対処方法がよく分からない、ウイルス感染の確かめ方が分からない、対処ができたかどうか不安だといった場合は、お使いのセキュリティソフトのサポート窓口に問い合わせましょう。ウイルスバスターをご利用の方はこちらから問い合わせが可能です。

 

まとめ

これらのすべての戦略が機能する理由は、それぞれの電子メールが受信者を汚すように巧妙に設計されているためです。同情を求める無害な呼びかけや、即座の行動を求める脅威かもしれません。ほとんどの人は、問題を解決したり、より詳細な情報にアクセスしたりするために、表示されたリンクをクリックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です