賞金総額1億円!『モンスターストライク』eスポーツタイトルプロゲーマー大会!

 

スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」

実はパソコン・ゲームだけではなくスマホゲームもEスポーツに参戦しています。

日本で人気の「モンスターストライク」もEスポーツタイトルになり
高額の賞金のでる大会も開催されておりますのでご紹介します!!

 

 

『モンスターストライク』とは??

 

 

モンスターストライク』は、株式会社ミクシィから配信されているiOS・Android用ゲームアプリ。

 

基本プレイは無料でパズドラに次ぐ人気を誇っており
味方のモンスターを引っ張り、おはじきやピンボールのように敵に当てて倒して遊ぶアクションRPGだ。

2019年8月時点での世界累計利用者数は5100万人で市場も広く
Webアニメ『モンスターストライク』が作成されたりなどゲーム以外のメディアでも活躍しています。

 

↑スマホゲームでEスポーツに参戦しているアプリ

 

賞金総額1億円!「モンストグランプリ2019 」

 

スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のアジアNo.1チームを決めるeスポーツ大会「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」を開催されており

20190314_01_01.jpg

 「チャンピオンシップ」として5回目を迎える今大会は、日本国内に留まらず、繁体字版モンスト「怪物彈珠」を配信している台湾、香港、マカオのユーザーも参加可能な「アジアチャンピオンシップ」として規模を拡大。また、賞金総額はモンストグランプリ史上最高額となる1億円。

 

【賞金】

賞金総額:1億円
<決勝大会>
-優勝チーム:4,000万円
-準優勝チーム:1,600万円
-3位チーム(2チーム):800万円
-ベスト8(4チーム):400万円
-1回戦(2チーム):200万円

 <予選大会>
-優勝チーム:40万円
-準優勝チーム:20万円
-3位チーム(2チーム):10万円

 

前回の大会が大会の賞金総額は6,000万円、優勝チームには3,000万円なので大会規模が大きくなっていることがわかります。

 

 

 

 

高校生を対象にした「モンスト」eスポーツ大会も

ソフトバンク、福岡ソフトバンクホークス、ヤフーは3月10日、高校生向けのeスポーツイベント「関東eスポーツ高校センバツ大会」をヤフー本社セミナールームにて共催した。

「関東eスポーツ高校センバツ大会」はその名の通り、参加資格を「関東の高校生チーム」と定め、競技種目に「モンスターストライク(以下、モンスト)

 

【関東eスポーツ高校センバツ大会】
eスポーツ大会は数あれど、出場資格を高校生に絞った大会はかなり珍しい。また、この大会をソフトバンク、福岡ソフトバンクホークス、ヤフーが共催しているというのも非常に興味深い。というのも、これらの企業はeスポーツ大会にスポンサーとして協賛することはあれど、大会を主催することはこれまでほとんどなかったからだ。ちなみに、本大会の機材はソフトバンク提供のAndroid端末「AQUOS zero」が使用されていた。
本大会はプロのeスポーツ大会のように華々しいスタジアムで行なわれたわけでも、多数の観客がいたわけでもない。勝てば全国大会に行けるわけでも、もちろん多額の賞金が出るわけでもない。しかし、eスポーツにおいて最も大事な「友達とゲームを楽しむこと」という側面に於いて非常に意義のある催しも行っています!

 

まとめ

モンスト以外にも様々なタイトルがございます。

自分にあうゲームを探してみましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です